小額FXならGMOクリック証券!

トップページ > GMOクリック証券のCFDの特長

GMOクリック証券のCFDの特長

GMOクリック証券のCFD

 

GMOクリック証券株式会社のCFDは、2012年3月における店頭CFD売買代金シェアが52.0%と国内第1位となった人気の証拠金取引です。また、同時に3ヵ月連続で店頭CFD売買代金シェアが30%越えと躍進中で、国内店頭CFD業者の中でGMOクリック証はトップクラスに君臨!数ある国内店頭CFD業者の中でGMOクリック証券が選ばれている理由としては、少額から投資が可能なことと各国の株価指数など豊富な品揃えであること、取引手数料&為替手数料が無料、業界最小水準のスプレッド(日本225なら2円〜9円)などを挙げることができるのではないでしょうか?

 

人気の高い日本225が1万円以内で取引可能であること、また、米国をはじめとする世界の株価指数も1万円前後で取引可能というのは、実に魅力出来ですよね。
ちなみに取扱銘柄も日本225、米国30、米国S500、米国NQ100、上海A50、 インドNIF、香港H、イギリス100、ドイツ30などの“株価指数CFD”。
国内の金融商品取引所上場銘柄であるトヨタ自動車、三井住友FG、積水ハウス、花王、キャノン、パナソニック、セコム、日立製作所、セブン&アイHD、三菱地所などの“株式CFD”。
金スポット、銀スポット、白金スポット、原油、コーン、大豆といった“商品CFD”などバラエティ豊かに取り扱っています。

 

 

 

次世代の高機能チャートを搭載!

 

GMOクリック証券では、ついに次世代高機能チャートを搭載しました!インストール不要&ボタン一つで簡単起動するCFD取引専用のテクニカルチャート「プラチナチャートCFD」は、使い勝手もよく様々な情報をリアルタイムに受け取ることが出来るとして大変人気があります。プラチナチャートCFDは、FXネオで大人気のプラチナチャートのCFD版ですが、38種類の人気テクニカル指標だから多彩な分析手法に対応していて過去チャートも瞬時に確認することができるので長期のトレンド分析もラクラクできます。また、ホリゾンタルライン、トレンドライン、ギャンライン、フィボナッチラインなど25種類の多彩な描画オブジェクトも用意されているから高度な分析も出来るし、最大16分割表示できる相場のトレンドがまる分かりのチャートウィンドウ機能も搭載されているから相場のトレンド分析もラクラク!さらに、自由自在にレイアウトできる機能も付いているから複数のプラチナチャートCFDを簡単に起動することも出来るし、リアルタイムに更新される経済指標やニュース、プラスボードもチャート上から瞬時に確認することができます。
これら充実の機能満載のプラチナチャートCFDですが、GMOクリック証券の他のツール同様に全て無料で利用することができます。

 

GMOクリック証券では、仮想資金で取引環境を体験できる、CFDデモ取引があるので、CFDに興味はあるけれど初めてなので不安!という方でも安心して取引を始めることができるのではないでしょうか?ちなみに、デモ取引やツールは、無料口座開設をすることで利用できるようになります。